くまもと9条の会7周年記念イベントトップページへ

くまもと9条の会は今年で7周年を迎えました
11月3日記念講演会に参加していただきありがとうございました




今回、講演に先立つオープニングイベントとして、ミュージシャンによる平和セッション、
「奏(かな)でる九条」を開きます。

「人を殺さない」「人を殺す戦争もしない」、それぞれの思いはちがっても、平和を願う憲法9条の根っこの考え方は全世界の人々が共有できるはず。
そんな思いを、音楽と詩を通してミュージシャンに奏でてもらう初めての試みです。

参加したすべての人々の琴線にふれる、すばらしいステージをどうぞお楽しみ下さい。

生命をつなぐ 緑の種を
やさしく蒔く人と
燃えたぎる生命の尊厳を
高くかかげる人と
ともに集まれ「9条」のもとへ
身体と心にしみ込むオーガニック・フォークソング
じんわり胸に響く 弾き語り
若い詩人の 自作朗読
はじける ジャンベのリズム
さあ、奏でる九条のはじまりです

Otoさんのビデオメッセージ

第一部の音楽イベントのオーガナイズをしていただく、Otoさんのビデオメッセージをユーチューブにアップしました


オープニングイベント・・奏でる九条 出演者のご紹介

■Oto
&Ravi

オーガニック・フォークソング






ローカリゼイション大好き音楽家Oto(アコースティック・ギターと歌)と精霊界の視点で人間界を見つめる映像家Ravi(ウクレレと歌)のデュオ。2008年1月フィリピンのNGOコルディエラ・グリーン・ネットワーク主催の環境保護を目的とした芸術交流祭に参加。森づくりの作業に参加する機会から始まった熊本ろうあ学校の先生と生徒たちと「木を植えましょう」(正木高志の作詞作曲)という楽曲の手話フラ(歌と踊り)を共同制作する。2011年7月『さよなら原発映画祭』企画し、Raviが立ち上げたニュー・メディア「JayMa TV」からトーク・ライヴを映像配信する。2011年5月「モリノコエ」(正木高志&チコ+OtoRaviの4人)の『Grounding Songs』と題したCDを発売。

■川原一紗

ピアノ弾き語り
熊本県玉名市出身、在住のアーティスト。
ピアノの弾き語りによるライブを全国各地で展開。
透明感のある伸びやかな歌声が魅力。






2007年ニューヨークでのコンサートツアーを行う。
2008年日本最大の環境イベント「アースデイ東京」のメインステージに出演。
2010年河島英五音楽賞2010入賞。
ヤマハ Music Revolution Song Contest 2010 熊本大会優勝。
2011年韓国でのコンサートツアーを行う。4枚目のNewアルバム『たまより』を発表。
◎ライブ情報→ http://kazusakawahara.com/


■藤井芳広(詩人、平和活動家)

詩の朗読






2003年のイラク戦争をきっかけに、「憲法9条をアートや暮らしの中で表現し実践する」をテーマに9LOVE(クラブ)活動を開始し、渋谷のスクランブル交差点を9Tシャツを着てジャックする「渋谷スクランブルジャッ9」や、カフェやミュージアムでの平和イベントの開催、9Tシャツの制作などを手がける。2007年には「walk9/おむすび巡礼」に、2009年には「walk9/韓国巡礼」に参加し、その後韓国の友人たちとともに日韓・アジアをつなぐ活動を精力的に行っている。

■熊本ジェンベクラブ

西アフリカ太鼓音楽






代表の村本 大がジェンベの音に魅了され、叩いているうちにメンバーが少しずつ増え、1999年の熊本で行われた国体の開会式でのアトラクションで演奏することが決まったのを機に「熊本ジェンベクラブ」が発足しました。そのころには100人を越すメンバーとなり、その後、熊本県内を中心にイベントや学校行事などで演奏やワークショップを行い、ジェンベで地域交流をはかるようになりました。このような活動でジェンベに出会った人たちが、地域や団体の中で各ジェンベクラブをつくり、現在では熊本県内に10のジェンベグループができました。(2005年3月現在)「熊本ジェンベクラブ」はその各グループの総称ともいえます。?その後、村本大の指導のもとに発足した長崎、佐世保、佐賀、人吉のジェンベクラブをはじめ、九州各県にジェンベクラブが存在し、それぞれのイベントにし「九州ジェンベクラブ」となって一緒になって出演しています。今後も全国各地のジェンベクラブと交流をはかり西アフリカの伝統音楽を通じて「日本ジェンベクラブ」という名で演奏するのが目標です。